blog「オレなりの事情。」
ここでアナウンスするのを忘れていましたが、
新しいblog「オレなりの事情。」をスタートしています。
ぜひご閲覧ください。よろしくお願いします。

c0070392_16542311.jpg


blog「オレなりの事情。」はコチラから。
[PR]
# by marc_yama | 2008-01-27 16:55
カーボン・オフセット年賀
c0070392_17484811.jpg今年は来年に向けて年賀状を出そう!
「大切な人へ贈ろう。地球の未来へ贈ろう。カーボンオフセット。」

CO2の削減を目指す「カーボン・オフセット」という考え方が、ヨーロッパを中心に各地域へ普及し始めている。省エネ活動というより、頑張っても出てしまうCO2さえも、積極的に打ち消す行動を起こそうという考え方。「カーボン・オフセット年賀」は、今回、日本郵政グループが出す新しい年賀状。

定価55円で、そのうち5円が二酸化炭素削減のための活動資金として寄付される。この活動に協賛するとして坂本龍一、中田英寿、ap bankなどが「地球温暖化防止」を訴えるWEBムービーに参加。特にヒデの歯磨きシーンは必見!

c0070392_18172976.jpg
カーボンオフセット公式WEBサイト
カーボンオフセット WEBムービー(~大橋/金子/中田英寿篇~)
[PR]
# by marc_yama | 2007-11-26 18:00
救世主の涙
c0070392_1451384.jpg「アジアの戦いというものがあるんです。何かあってもすぐに気持を切り替え、遠くを見ること。」

こうした川口の言葉にもあるように、べとつくようなアジアの戦いには、独特の匂いがある。すこしでも隙を見せれば、ねばりつくように絡めとられて、敗戦の沼の底に引きずり込まれる。
初戦、まさかのドロースタート。言葉を伝える通訳さえ号泣するほどの、オシムの激怒。

「俺は死ぬ気で懸けている。」
幾多の戦場を生き抜いてきた勝負師が発した言葉。もう見てくれも内容も捨てるしかない。そのオシムの悲痛な叫びに応えられる男とは・・・。

本文はコチラ
[PR]
# by marc_yama | 2007-07-14 23:00
Mr.Children新曲「旅立ちの唄」
c0070392_13254372.jpg
『恋空』official homepage→http://www.koizora-movie.jp/
[PR]
# by marc_yama | 2007-07-14 07:27 | 奏 music
少年に贈られたプレゼント
c0070392_11525930.jpg まさかの敗退でトヨタカップを去ることになったバルセロナ。
 まさかの敗退に号泣した日本人少年の写真がスペインで報道され、「バルセロナに招待しよう!」とグラブをあげて大騒ぎしたことがあった。

 本ブログ上でも記事(http://marc07.exblog.jp/5183488#5183488_1)を掲載していた。

 写真にあるとおり、日本人少年はバルセロナから素敵なプレゼントを贈られ、カンプ・ノウの地で憧れのバルセロナに熱い声援を送ることができた。
[PR]
# by marc_yama | 2007-05-28 11:53
「彩り」の視聴がスタート
c0070392_18253490.jpg 「“ロック”とは、死んでいく匂いがするもの。」

 桜井和寿は、いろいろな意味で、生と死の狭間をさまよってきたアーティストだ。「メメント・モリ。すなわち、死を想え。」と発言していた時代があった。憑かれたように「死の匂い」に沈殿していった季節もあった。

 「叫んだりする、ものすごい情熱というのは、長続きしないことは薄々勘付いているんだけど、それを叫ぶことで死を表現していて、死を表現できるからこそ同時に生きている喜びを実感する音楽がロックだと思うんです。」                  (雑誌「H」より)       
c0070392_18395387.jpg そして、ap bankという地球の資源と同じく“持続可能な音楽”を追求した経験を経て、桜井和寿は「HOME」というデビュー15周年を飾る13枚目のアルバムを世に放とうとしている。   MUSICOにて、新曲「彩り」の視聴がスタート!
[PR]
# by marc_yama | 2007-02-22 10:32 | 奏 music
ホーム、14曲発表!
c0070392_12104174.jpg Mr.Childrenの13th Album「HOME」の収録曲が発表された。
 全14曲中11曲が新曲というニューアルバム。「Simple」や「つよがり」など“6番目の名曲”と期待の高いポジションには、「PIANO MAN」という曲が。
 日常に転がる断片的な“愛”、狂おしいほどの“LOVE”の数々を歌い上げた名盤「I LOVE U」。今度はどんな世界を奏でてくれるのか。
 “ホームメイド”、“原点回帰”、“アウェイではなく、ホーム”・・・いろんな言葉が連想できるが、またもやミスチルは良い意味で期待を裏切ってくることだろう。

 「アウェイゴール決めるんだ」・・・こんなフレーズ入ってるんだろうか(笑)

収録曲詳細
[PR]
# by marc_yama | 2007-02-08 19:53 | 奏 music
アフターダーク
c0070392_12201452.jpg 『海辺のカフカ』が評価され、「(この作品は、)フランツ・カフカへのオマージュ(尊敬/敬意)である」とコメントを残し、アジア圏初の“カフカ賞”を受賞した村上春樹。ノーベル賞もささやかれたが、受賞はなかった。

 猫好きでも知られ、海外に渡る際、編集者に猫をあずける条件として小説を一本書いて頼んだという話もある。その小説が、『ノルウェイの森』である。

 最近、本屋の“文庫ベスト10”などの棚で目にする村上春樹の新作『アフターダーク』。京都生まれ・神戸芦屋市育ちの“おぼっちゃま文学”とも揶揄されることもある彼の文学。私はいわゆる“ハルキスト”ではないが、すこしだけ感想を。

『アフターダーク』レビュー
[PR]
# by marc_yama | 2007-01-27 01:55 | 文 novel
伸二の矜持。~陽のあたる場所へ、ふたたび~
c0070392_23133779.jpg

【矜持 -きょうじ-】
自分の能力を信じて抱く誇り。自負。プライド。
                       (広辞苑)


天皇杯準決勝 鹿島アントラーズvs浦和レッズ 観戦記
[PR]
# by marc_yama | 2006-12-29 23:11 | 蹴 football
ロニーの残したメッセージ
c0070392_1471790.jpg 「ロナウジーニョが、日本の子供たちへ3枚の色紙を残していった。」

 なぜだかその事実を聞いただけで、内容がわかるような気がした。ロニーが残したメッセージは、切実で、力強いものだった。

「生きろ、生きろ、生きろ。強くあれ。自殺なんかするな」
「絶対に夢を諦めるな。君の人生を精一杯生きろ」
「人生は美しい。心にたくさんの喜びと愛を持って生きよう」

ロナウジーニョのメッセージ画像
[PR]
# by marc_yama | 2006-12-24 13:57 | 蹴 football